○縫い始めは上になる方のフェルト(この例の場合はのり)の裏側からはじめるとやりやすいです。